2016年12月06日

女の半分(後篇)


後 編


「考えたことないわね、私は男を生きられないし」
「そうでしょ? それはそうよね、だってそれは凉子さんが女だからよ。男の人たちだってそれはそうだわ。男と決めて生きるなんて考えてもいないでしょうし。そこがちょっと羨ましいけど」
「羨ましい?」
 サリーはちょっと落ち込むような素振りを見せた。
「だって・・私は違った。女の子と決めたとき裏切る体に気づいたわ。だけどそれを体が裏切るって考えてしまうとマイナス感情ばかりになる。女の心と男の体の両方を楽しもうと思ったの。一度しかない命だもん。愛した人のためだけに私はいると考えたのよ」
「それは・・そうなれたら幸せだわね。私は女。男になれない女ですもの、だったら女の愛に生きていきたい。そう思うし・・うーん、ちょっと難しいな」
 サリーは微笑む。
「やっぱり凉子さんはいい女ね。まっすぐ考えてるもの。おととい、あのどうしようもない人たちの・・あらら失礼、あはははっ! あの人たちの中で凉子さんだけはちょっと違うと気になってた。そして今日バッタリでしょ。何か縁でもあるのかなって思ってしまった」
「縁か・・」
「そうよ、縁よ。縁はすべてのはじまりなんだし、その先は、しょうがないこ
ともあるでしょうけど、知り合えた縁だけは大切にしたいから。来てくれて嬉しかったわ。ありがとね」

 素直。そのまま。心のまま。サリーは確かに女の半分を持っていると感じます。女から女のいやらしさを差し引いた残りの半分を・・。
 女に憧れ、女になりたくてたまらずに、だから女のいいところだけをコピーしている。彼女の澄んだ瞳の中には私よりもピュアな女が棲んでいると思うのです。

「ねえ、たとえばですけど」
「うん?」
「サリーちゃんはやっぱり男の子がいいんでしょう? お相手」
「それはどうかなぁ・・いままでそういうことがなかったから必然的に彼だったけど。うふふ、興味津々て感じね凉子さん」
「いえ・・そういうわけじゃないけど」
「あはははっ! いいのいいの、私なんてどうせ興味本位な存在ですもの、好奇心だけ。でもだから簡単なの」
「簡単て?」
「選ぶのが。いっぺんに見抜けちゃう」
「ああ・・そういうこと・・」
「そよ。でもね、最初はそうでも、私さえ必死に心を向けていけば、この人なら本気で振り向いてくれるかもって思える人だっているんです。たとえば凉子さんがそうだもん」
「私が?」
「うん、きっとそう。相手の想いに響くというのか共振する女心を持った人。だから私も女心を向けていける。きっとそうだわ・・」

 不思議です。危うい話になりかけているというのに警戒心が湧いてこない。それどころか、むしろ裸の私を素直に向けていけるんです。女同士なんだから男に対する駆け引きはいらないわ。無意味だし、そんなことをしてしまえば私だけひどく汚れた女になってしまう気がします。

 サリーの眸は綺麗です。
「・・私はいいのよ」
「えっ? 何が?」
「そうなっても。可愛がってくれると思うし・・うふふ」

 ドキリとしました。そのときサリーは、女の子が性の予感を察した相手の前にいるような・・ちょっと弱く、でもトキメクような素振り。それはたとえばスカートの乱れを気にしてみたり・・そういう素振りが見えたから。

 私の中に、所詮は男よ、シタいんでしょ? と、そんな気持ちがないわけで
はなかったわ。でもね、この子の切なさ、愛だけに生きると決めた女の子の透き通ったものに、私の汚れが拭き取られていくのです。
「さて、私はそろそろ」
「帰る? うん、ありがとね楽しかった。昼間はいるし日曜がお休みですからいつでもいいわ。あ、待って待って」
 そしてサリーは、メアドと携帯番号をメモってくれた。
「うん、きっと連絡するね」
「うんっ! 素敵よ凉子! じゃあね!」
 ドアまで送ってくれて、はじめて凉子と呼び捨てられて・・。

 ドアを閉めてマンションの静寂に包まれた私は、ちょっとため息。カルチャーショックの正体が少しだけ見えた気がした。
 静かな廊下を歩き出し、エレベーターで降りて外に出て・・そうね百メートルぐらいだったかしら、歩いたときに、サリーから逃げようとしている私の存在に気づいたの。
 あの子は通称サリー。砂川悠人(ゆうと)、二十四歳。女の子です。
 そうね、あの子は女の子・・ええい、どっちだ!
 なんてまた混乱し、女の子だと信じてあげようと吹っ切れたとき・・。

 私は電話を取っていた。
「あ、サリー」
「うん、どしたん?」
「もう一度いい? お部屋行って?」
「うん! いいよー、おいでおいで!」
 それで小走りに引き返していたんです。今日あの子はお休みですから、もっといろいろ話したかったし、彼女のことをもっと知ってみたかった。そのことで女としての私の生き方が変わってくると思えたし。

 そして戻ったとき、彼女はもう着替えていて、部屋着のソフトワンピになっていた。Vネック。白地に横のブルーストライプ。生地が薄くてブルーのパンティが透けてます。ノーブラだったわ。ふわりと膨らむやさしい乳房に、ツンと可愛い乳首が二つ尖ってた。
「もう着替えちゃったから。うふふ、ごめんね」
 タイトというほどではなかったけれど、それなりに体に張りつく前のところがもっこりしてて・・ああやっぱり男の子って思ってしまった。彼女もそれを気にするらしく、何となく手をやって隠したがっているようで。恥ずかしがっているんです。

「可愛いねサリーって・・そういう仕草がまるで女の子なんだもん」
 あれ私? いつの間にか呼び捨ててる・・と、そのとき思った。

「そう? それ嬉しいな、来てくれてありがとう、もうしばらく寂しくないし」
 しんねりとしたセクシースマイル・・背筋がザワと騒ぎ出す。
「こちらこそよ、友だちになろうね」
 そしてお部屋に上がり込み、今度は珈琲を淹れてくれる彼女を観ていて、体のラインが女らしくてしなやかで。
「ねえサリー、訊いていい?」
「うん? なあに?」
「ホルモン剤とか・・?」
「ああ・・うん入れてるよ、おなかの脂肪のところにね、女性ホルモンの結晶を埋めておくの。体の線でしょ?」
「そう。やさしいし、すごく綺麗よ。お尻の丸みも柔らかいし」
「わぁぁ、ありがとう。嬉しいなぁ・・うふふ、私って女の子だもん」

 振り向いて笑うサリーに、私はたらないものを感じていました。帰ったと思
った私が戻り、彼女にすれば他にやることもあったでしょうに、私に対して一生懸命・・そんな彼女に心が動いてしまうのです。

 そして珈琲を二つ運び、今度は私も下に座って脚を横に崩します。このとき私もミニでした。二十六歳の女の腿は・・それはもちろん女らしいセクシーレッグだったと思うのです。
 白いローテーブルの角を挟んで、私がソファを背もたれ代わりに座ってて、あの子は脚を横に崩して、ノーブラの胸が張り詰めて、乳首のツンが可愛かったわ。Vネックがすごく深くて、ちょっと屈めば白い房が見えてしまう。
 エロチック・・。
 その彼女が、珈琲を飲みながら恥ずかしそうにチラチラと視線を私のスカートに。腿の根を見ています。
「凉子って脚綺麗ね。いいなぁ」
「サリーだって綺麗じゃない、ほんと美人よ」
「うふっ・・そう? 何か恥ずかしい・・乳首透けてるし、下着だって透けてるし・・ンふふ・・」

 ンふふって、甘く鼻にかかった声で笑う。

 あの子の目を見て、ふいに言った私です。
「私を見てて、どうなの?」
「えっえっ? どうなのって?」
「ペニクリって言うんでしょ。私が相手でも大きくなるもの?」
「ンふっ・・嫌ぁぁん、恥ずかしいよぉ」
「ねえ、どっち? 勃起する?」
「ンふ・・それは・・ハァハァ・・うん、するぅ・・ンふふ」
 体を少し斜に構え、両手で乳房をVの字に覆うような姿が女です。性を予感した女の姿そのものでした。
 それで私は、私のミニスカの腿のところをぽんぽんとしてやって・・。
「え?」
「お話しましょ。私じゃ嫌?」
「ううん・・そうじゃない・・嬉しいの・・嘘みたい」

 サリーは、私の目をまっすぐ見ながらすり寄って、腿に頬をそっと置いて横に寝て、それから子供みたいに身を丸めてしまうんです。顔に流れる髪の毛を掻き上げてやり、そのまま頭をそっと撫でる。そしたらね、サリーの肩がふるふるって震えるの。
「どうしたの?」
「だって・・ンっふ・・」
 可愛いわ。それで私は微笑んで、からかい半分にあの子の顔を覗き込むと、涙を溜めているんです。キュンとしました。ストレートに喜びをぶつけてくれ
ると感じたわ。

「嬉しいから泣くのね?」
「はい。寂しくて私・・ずっと独りで・・」
「うん・・私もそう、強がってはいるけれど、やっぱりね・・」
 そして私は、薄い部屋着のぴったり張りつく脇の下から、ウエスト、お尻の横・・そっとそっと撫でてあげた。
 彼女の苦悩がわかる気がした。彼女の孤独は私などの比ではなくて、もっと深くて哀しいもの。そう思ったときに、私の中からはやさしさしか湧いてきませんでした。

 サリーがもっと身を丸めて震えます。
「ぁぁん感じちゃうから・・あぁぁ凉子・・震えちゃうぅ」
「可愛い・・可愛いよサリー」
 身を丸めたことで薄い生地が張りついて、マチの浅いブルーのパンティラインがそっくり透ける。お尻をぽんと叩いてやったわ。
「ぁん・・やさしい人・・嬉しいなぁ」
「そう?」
「はぁい・・ンふふ、感じちゃう・・ねえ、撫でられたら感じちゃうから・・あぁん」
 お尻をそろそろ撫でてやっていたのです。それでたまらなくなったようですね。彼女ったら向きを変えて、私のスカートのデルタに鼻先を突っ込んで、私のお尻を抱いてくるの。そのとき薄い部屋着が乱れてしまい・・ブルーのパンティの前が硬くなって女物の下着におさまりきらずに頭が見えたわ。

「もうエッチ・・飛び出してるよ」
「嫌ぁん嫌ぁん言わないでぇ。ねえ抱いて、抱いてお姉様ぁ・・ああ震えちゃう・・抱いてお姉様ぁ・・ね、ね、抱いて・・」

 なんて可愛い・・たまらなく可愛い人です。
 私はそっと手をやって、硬くなった彼女をそっくりパンティから解放してやりました。彼女のソコに陰毛はありません。熱く勃ってすべすべした・・ペニスのようなクリトリスがあっただけ。茎に沿ってそっと撫でてあげたのです。
 切ない声が漏れだします。
 抱いて肩を支える片手で乳房をふわふわ揉んであげ、もう片手で勃起した亀頭の裏側を、おなかに押しつけるように、指先で揉み撫でしてあげたわよ。
 にじみ出した愛液で亀頭はすぐにヌメリだし、おなかの上で滑ったわ。

「はぁぁ・・気持ちいい・・ありがとうお姉様・・ありがとうございますお姉様」
「・・」
「気持ちを向けてくださって嬉しいの。ありがとうございます」
 弱く甘える三角おメメが・・サリーは泣いていましたね。

 ハッとしたわ・・男に抱かれるとき、女はそんなことを絶対言わない。欲し
そうだからシテあげてる・・大切にしなさいねって、それぐらいの傲慢さは持
ってるもので・・。
 愛していただいてる・・気持ちを向けてくださってる・・サリーはそんなふ
うに思ってる。
 この部屋に戻ってよかった、あのまま帰らず戻ってよかったと思います。

「私の方こそ洗われた気がするわ、ありがとうサリー」

「あぁん、抱いてぇ・・大好きぃ・・あたし一生懸命しますからぁ付き合って欲しいの・・ね、ね、あたし頑張りますからぁ、彼女にしてぇ・・ねえ抱いてぇ・・独りは怖いよぉ・・」
 泣いてしまった。
 まっすぐな女の子です。私だって涙が出ました。性別ではなく人として、それも身を賭して人を愛する。当然のことの価値を思い知らされた私です。

「お風呂させて」
「・・え?」
「洗ってないから・・一緒に入ろ、好きよサリー」
「はぃ・・はい! 嬉しいぃ!」

 サリーが持ってる女の半分を、私は女のすべてを賭けて愛していけると考えた・・。

トラックバックは許可されていません。

コメントは許可されていません。